体を整える乳酸菌|自然な治癒力を高める栄養素

健康に生活を送るために

お腹

数値の高い人は増加する

コレステロールには善玉と悪玉があります。善玉は体を良い状態にしてくれます。しかし悪玉は体に悪影響を及ぼします。この数値が高いままにしておくと動脈硬化が発生します。その後、さらに脳疾患や心疾患まで発展してしまう可能性もあります。この悪性コレステロールが増加する理由は、食生活や運動不足などが原因となっている場合が多いです。現代の食生活は欧米化に伴い、動物性脂肪を多くとりやすく、悪性のコレステロールが高くなる食生活の方が多数います。また日常的に運動をする時間もとれない方も多数いて、慢性的な運動不足になっています。このような状態は悪性のコレステロールが溜まりやすい環境ですので、今後も数値の高い人は増加すると考えられます。

生活の見直しが必要

悪性のコレステロールを下げる方法はいくつかあります。まず挙げられるのは日常的に運動を行うことです。運動不足になると中性脂肪がつき悪性のコレステロールは増加します。よって有酸素運動により中性脂肪を減少させることが、コレステロールを下げることになります。つぎに食生活の見直しをすることです。動物性脂肪を取りやすい肉を中心とした食事から、青魚や水溶性植物繊維を多く含んだ食事にしていくことが必要となります。青魚や水溶性植物繊維を含んだ食べ物は悪性のコレステロールを下げる働きがあります。最近ではこれらの成分を含んだサプリメントも豊富に販売されています。サプリメントでは良い成分を簡単に接種することができ、コレステロールを下げることができます。このような理由からサプリメントは人気が高いです。